| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

当事務所の特徴

紫苑商標特許事務所は、「商標専門の個人弁理士事務所」です。
本ページでは、当事務所の特徴をご紹介いたします。

紫苑商標特許事務所ロゴ

1.当事務所の主な特徴

① 商標分野が専門です。

当事務所は、知的財産の中でも商標分野を専門としています。
商標弁理士として10年以上の経験を有する弁理士が、
依頼人の皆様の商標についてサポートをさせていただきます。

「特許事務所」ではありますが、特許業務はお取り扱いしておりません。
商標業務にあえて特化していることで、高い専門性とサービスの質に、
ご期待いただけると考えております。

当事務所の弁理士は、伝統ある日本商標協会の会員です。
また、一級知的財産管理技能士(ブランド専門業務)の資格も取得しております。


② 弁理士の「価値」の提供にこだわります。

当事務所では、単なるアウトソーシングとしてサービスを提供するのではなく、
専門家である弁理士の「価値」の提供を重視いたします。

すなわち、商標弁理士だからこそできるコンサルティング的な視点で、
商標弁理士だからこそできる「価値」の提供を、サービスの核にすべき

考えております。

たとえば、商標登録のご依頼では、依頼人から商標や事業内容、
商標の使い方、将来の事業展開予定等の詳細なヒアリングを経た上で、
適切な商標権が取得できるように、申請書を丁寧に検討・ご提案いたします。

近年、残念なことに、いきすぎたITによる効率化によって、
弁理士がその「価値」を発揮すべき業務の一環を簡素化・自動化している
と思われるサービスが見受けられます。また、長く続く不況のためか、
「価値の高さ」よりも「価格の安さ」で勝負をしようとする弁理士も
後を絶ちません。

AIや自動化技術の発達で、誰が取り組んでも結果が同じとなるサービスの
価値は下がり続けています。簡素化・自動化・低価格化すべきは、このような
「誰が取り組んでも結果が同じとなる」アウトソーシングです。

ですから、効率化により、専門家である弁理士の「価値」を犠牲にすることは、
依頼人の不利益につながる間違ったやり方です。

見せかけやまやかしの「お客様の便宜や利益」ではなく、
「本当に依頼人のためになること」を、当事務所では真剣に考えます。


③ 代表弁理士がご依頼を担当いたします。

当事務所へのご依頼は、代表弁理士が担当させていただきます。

当事務所は弁理士ひとりで運営されておりますので、当然とも言えますが、
現代では、これが理想的な「士業のスタイル」の一つだと考えております。

たしかに、規模が小さいと、ご心配や不安もおありと思います。
しかし、代表弁理士がすべてを担当・対応いたしますので、
「上と相談します。」「上の許可が必要です」
「私では回答いたしかねます。」「この度、担当が変わりました。」
などといった、組織相手のやりとりにありがちなストレスとは無縁です

また、依頼人の業務やこれまでの経緯も代表弁理士は把握しておりますので、
継続的にご依頼いただく際には、再度のご説明の手間も省くことができます

依頼人一人一人に対して、親身に、丁寧に。
小規模だからこそ、できることもあります。
当事務所の代表弁理士は、頼れる「商標ドクター」を目指します。

代表弁理士のプロフィールは、「弁理士紹介」をご参照ください。


2.サービスポリシー

① 商標の一つ一つを大切に。

商標は、依頼人の皆様にとって、単なる文字や図形ではないでしょう。
事業への夢・想いを込めた、我が子のような「宝物」であるはずです。

当事務所では、皆様の「宝物」をお預かりするという意識を強く持ち、
商標の一つ一つを丁寧にお取り扱いいたします。


② 依頼人の一人一人を大切に。

商標について、お悩み・お困り事をご相談される皆様は、
「お客様」ではなく「クライアント」です
商標の世界では、依頼人の業務や状況、ご方針によって、
適切と考えられるアドバイスが変わることも少なくありません。

ですから、当事務所では「お客様」という語は使いません。

そして、当事務所では、依頼人の一人一人のご事情に合った、
「オーダーメイド型」のサービス提供を目指します。


③ 職業倫理と誇りを持って。(武士道精神)

正直・誠実に。ごまかさない。売り込まない。

依頼人のためになることであれば、
 「できないことは、できない」
 「必要のないことは、必要ない」
 「無駄なことは、無駄」
と、正直・誠実に申し上げます。

当事務所では、可能性の低いことで依頼人に期待を持たせて、
ダラダラとお金をかけさせるようなことはいたしません。

近年は不況の影響もあってか、不誠実・強引なビジネスをよく目にします。
残念なことに、士業の世界の一部でも、これが蔓延しつつあるように感じます。

われわれの仕事は、依頼人のお悩みやお困りごとを解決することです。
依頼人に好かれることが、仕事ではありません。
現代の世の中では、これを履き違えた方が多く見られる印象があります。

もちろん、依頼人とのコミュニケーションが円滑なのは望ましいことです。
しかし、サービスの本質を見失わないよう、注意したいと思っております。

また、当事務所では、弁理士としての誇りを持ち、
職業価値を自ら否定するようなことはいたしません。

たとえば、仕事欲しさからの「安売り(格安料金)」「返金保証」
「ネット上でのバラ巻き広告」などはいたしません。

このような安易なマーケティング手法は、自らの価値を否定するだけでなく、
弁理士全体の職業的価値を傷付けるものであると、当事務所は考えております。


④ スピードと丁寧さを持って。

当事務所では、依頼人からのご依頼への対応を、
スピーディーかつ丁寧に行なうことを心がけております。

弁理士ひとりでの運営ですので、もちろん、
すぐに対応できない場合もございます。
慎重な検討が必要な場合などは、それなりのお時間を頂戴することもございます。

しかし、そのような場合でも、依頼人には進捗状況を丁寧に報告し、
「あれ、どうなってるの?」といったご心配やストレスが生じないよう、
気を付けております。

そういった点からも、当事務所では「薄利多売」はできません。
ご依頼の一つ一つに、しっかりと時間をかけさせていただくためです。

繰り返しになりますが、当事務所では、「価格の安さ」ではなく、
弁理士の提供する「価値の高さ」での貢献を重視しております。


⑤ 安心・安全が最優先。(商標セキュリティ)

当事務所では、ビジネスにおいて商標トラブルに遭遇しないことこそ、
依頼人の皆様が本来的にもっともご期待されているものと考えております。

したがって、たとえば商標登録の場合、
たとえテクニカルなやり方で登録に成功したとしても、
その後に他者による審判請求や訴訟提起などのトラブルが頻発するようでは、
本末転倒であると考えます。

当事務所では、「安心、安全に商標を使える」という安全第一の観点、
すなわち、「商標セキュリティ」を重視したアドバイス等を心がけております。

詳細は、「商標セキュリティ®について」をご参照ください。

その他の当事務所のポリシーについては、
当事務所のこだわり」もご参照ください。


3.得意な仕事・苦手な仕事

① 得意な仕事

商標分野に特化しておりますので、商標の識別力の有無や類否の判断、
長い実務経験に基づく戦略的なアドバイス等が特に得意と考えます。
もちろん、商標登録や商標調査については言うまでもありません。

また、著作権分野にも精通しており、商標と著作物の交錯する分野
(たとえば、キャラクターの保護)でも、お力になれると考えます。

<特に強みを発揮できると考えるご依頼>
 ・商標登録
 ・商標調査
 ・意見書や審判請求書の作成(登録拒絶対応)
 ・商標登録の戦略的アドバイス
 ・商標の採用や使用に関するリスク検討・リスクチェック
 ・商標相談
 ・キャラクター関連の保護

当事務所の強みについては、「当事務所の5つの強み」もご参照ください。


② 苦手な仕事

弁理士ひとりでの対応となりますので、
マンパワーが必要となる仕事が苦手です。

たとえば、一度に大量の商標調査のご依頼は、対応できない場合があります。

また、契約やライセンス(たとえば、ライセンス契約書の作成)など、
どちらかといえば弁護士が得意とするイメージのある仕事については、
無理に取り扱わず、弁護士へのご依頼を推奨しております。

人間誰しも、得意なこととそうでないことがあります。
また、運営事情により、できることとできないこともあります。
正直ベースでご紹介する「当事務所・弁理士の〇と×」についても、
ぜひご参照ください。


4.当事務所をオススメする方

① お役に立てると考える依頼人

当事務所は、以下のような個人事業主・法人の方に向いていると考えます。

 ・商標に思い入れや愛情をお持ちの方
 ・慎重で、リスク意識の高い方
 ・「商標は大切」だと思っている方
 ・商標登録は「投資」であるという認識の方
 ・コンプライアンス意識の高い方
 ・専門性を重視して、弁理士や特許事務所をお探しの方
 ・担当医のように、依頼人ごとの丁寧な対応をご希望の方
 ・仕事では主にEメールをお使いの方
 ・少々長くても説明はきちんと聞きたいとお考えの方
 ・「書面に残す」ポリシーの方
 ・弁理士や特許事務所を「ビジネスパートナー」とお考えの方
 ・商標に興味がある方、商標を好きな方


② お役に立つのが難しいと考える依頼人

当事務所は、以下のような個人事業主・法人の方には向いていないと考えます。

 ・商標は「お金儲けの道具」とお考えの方
 ・ビジネスではリスクよりも勢いを重視している方
 ・「商標の優先順位は高くない」と思っている方
 ・商標登録は「経費・出費」であるという認識の方
 ・「バレなきゃいい」という思考回路をお持ちの方
 ・「大手」「大企業」「大規模」「高級」がお好きな方
 ・価格の安さを重視して、弁理士や特許事務所をお探しの方
 ・サービスの質よりも、「とにかく安く」をご希望の方
 ・電話でのコンタクトが多い方
 ・土日・祝日の対応をご希望の方
 ・頻繁な面談をご希望の方
 ・書面を読んだり、説明を聞くのが面倒だと思っている方
 ・弁理士や特許事務所を「下請け業者」とお考えの方


5.お断りしていることなど

① お断りしていること

当事務所の運営事情・方針により、以下についてはお断りしております。
予めご了承ください。

 ・「今すぐ来てくれ」「今すぐやってくれ」等の乱暴なご依頼への対応
 ・長時間の電話対応(※本当に必要な場合は、もちろん承ります。
 ・面談中における喫煙
 ・業務外での個人的なお付き合い(飲み会・食事など)
 ・第三者のものと思われる商標についての商標登録出願
 ・格安特許事務所・格安弁理士との相見積り
 ・バーター取引


② 現在、お取り扱いしていない業務

現在、事情により、以下の業務に関しては新規のご依頼を受任しておりません。

 ・外国商標に関する業務
 (商標調査・商標登録出願・ご相談など)
 ・意匠登録などの意匠業務


6.ご相談・お問い合わせ

当事務所(代表弁理士:永露宛て)へのコンタクトは、
以下のフォームより承っております。

初回のご回答は無料ですので、どうぞお気軽にご相談ください。

かんたん問い合わせフォーム