| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

ネーミングの絞り込みとネーミング調査

「ネーミング案」が多くて、絞り込みにお困りではありませんか?

ネーミング案が出すぎて悩んでいる人のイメージ

事業では、商品名・サービス名・会社名・店舗名など、様々なネーミングを考案する場面があります。一般的には、複数のネーミング案が候補として挙げられることが多いのではないでしょうか。

実際の採択にあたっては、マーケティングの観点はもちろん、親しみやすさ、覚えやすさ、発音のしやすさなど、様々な要素から最終決定をすることになるでしょう。

ところで、ここで1つ注意点があります。
それは、このようなネーミングは、「商標」にもなり得るということです。

よって、ネーミング案の絞り込みをする際は、商標制度のルール、特に「商標登録」を意識することも重要なポイントの1つとなります


商標登録を意識するべき理由

ネーミング案を絞り込む際には、他人の商標登録を特に意識することが必要です。
なぜなら、採用したネーミングが、他人が商標登録をした商標と同一・類似であって、かつ、商品やサービスも共通している場合には、これを使うことは原則としてその他人の商標権の侵害となってしまうからです。

他人の商標権を侵害すると、使用差止めや損害賠償を求められるリスクがあります。
つまり、ネーミングを決定した後で商標権の侵害が発覚すれば、その商標を使うことはもはやできなくなります。商品パッケージや、包装箱・カタログ・チラシなどをお金をかけて作った後で、これが発覚したら大変なことです。

ですから、ネーミング案の絞り込みにあたっては、他人がそのネーミングを先に商標登録していないか、すなわち、そのネーミングを使っても商標権侵害の観点から問題がないか、という点を事前にチェックすることが大切となります。

なお、このチェックを行なうことで、他人の商標権を侵害していないかという点だけでなく、そのネーミングについて自分が商標登録できるかという点についても、事前に予測することが可能となります。


当事務所の商標調査がオススメです!

商標調査のイメージ

当事務所では、商標となるネーミングについて、①商標登録ができそうか②使っても他人の商標権を侵害する問題がなさそうか、という点を商標データベースを用いて調査・検討し、結果をご報告する商標調査サービスをご提供しております

この商標調査によって、ネーミング案の絞り込みの際に注意したい上記の点をカバーすることができます。
 ネーミング案の絞り込みにあたっては、当事務所の商標調査のうち、低価格で手軽に結果を知ることができる「ライト調査」がオススメです。


ライト調査の概要

1.調査内容

特許庁の提供する商標データベース「J-PlatPat」を用いて、
 商標の「登録可能性」と「使用可能性」を簡易的に調査いたします。


調査には、「商標の識別力」の簡易的な検討も含まれます。

調査結果は、5つのランクでの「結論」と、 簡易的なコメントを
 添えて、Eメールにてご報告いたします。

複数あるネーミング案を、まずはふるいにかけるという点で有効です。
当事務所は商標専門です。調査経験の豊富な弁理士が担当いたします。

なお、クオリティには自信がありますが、あくまで「簡易調査」という位置付けのサービスである点につきご了承ください。より詳細なコメントや精度の高い調査結果が必要な場合は、「通常商標調査」をあらためてご依頼願います。


2.サービス料金

1ネーミング: 7,000円/1類似群

※上記は税抜価格です。別途消費税等がかかります。

※類似群とは?
 類似群とは、商標実務において商品やサービスに付与されるグループコードのことを言います。たとえば、「ハンバーガー」には「30A01」というコード、「フライドポテト」には「32F04」というコードが付きます。

 商標調査はこの類似群ごとに実施されるため、商標をどのような商品・サービスに使うかによって、料金が変動することになります。
 上の場合、「ハンバーガー」だけの調査なら、1類似群で7,000円となります。「フライドポテト」も調査する場合は、2類似群で14,000円となります。

 なお、たとえば「サンドイッチ」は、「ハンバーガー」と同じ「30A01」の類似群となりますので、「サンドイッチ」と「ハンバーガー」を調査する場合は、1類似群の料金となります。類似群が同じであれば、料金の追加はありません。

 一般の方には馴染みがないものです。
当事務所では、調査実施前に必ずお見積りをご提示いたします。
まずは無視していただき、お気軽にコンタクトして下さい。


3.納期

原則として、ご依頼より6営業日以内となります。
通常は、3~4営業日程度で結果をご報告しております。

なお、調査量が多い場合は、納期についてご相談させていただく場合がございます。


4.ご依頼から報告までの流れ

本サービスのご依頼からご報告までは、以下の流れとなります。


ご依頼から報告までの流れ


エントリー(仮申込)はこちら

エントリー(仮申込)は、こちらのフォームよりお願いいたします。

※※エントリー(仮申込)だけでは、正式のご依頼とはなりません。※※
エントリー後、料金お見積り等のご案内をさせていただいた後で、
あらためて正式ご依頼について承諾の可否をお伺いいたします。
突然、ご請求が発生することはありませんので、安心してフォームをご利用ください。

営業電話などのしつこい売り込みは一切いたしません。ご安心ください。

※ご依頼にあたってのご注意※
当事務所へのご依頼は、Eメールのご利用環境が必須となります。

※商標調査は、その性質上、絶対的な判断をすることは困難です。
 弊所見解は、専門的な知識と経験に基づくものではありますが、
 その結果の確実性が保証されるわけではない点につき、くれぐれもご了承願います。

本サービスは、「簡易調査」の位置付けである点につき、あらかじめご了承ください
 調査報告書による詳細なコメントや、より精度の高い調査結果が必要な場合は、
 「通常商標調査」をあらためてご依頼願います。

※弁理士には法律により厳しい守秘義務があります。
 内容が第三者に開示されることはありませんので、ご安心ください。

当事務所の特徴の詳細はこちら
  当事務所のサービスにおける考え方