| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

薬局・ドラッグストアのための商標登録

薬剤師コンビの写真

薬局ドラッグストアでは、主に他社の医薬品等の商品を取り扱っています。
そのため、経営者の方々は、「商標」を意識することがあまりないかもしれません。

しかし、商品・サービスの識別標識となるものは、「商標」になります。
薬局やドラッグストアの名称やロゴマークなども、商標になり得るのです。

ライバルに、薬局の名称をマネされたり、ドラッグストアのロゴマークと紛らわしい表示を使われると、顧客の誤認混同を引き起こしてしまいます。また、この状態を放置すれば、自身の信用・信頼にも悪い影響を及ぼします。

ですから、薬局やドラッグストアの商標を適切に保護することは大切なのです。
そして、商標の保護に役立つのが「商標登録」です。

実は、商標法の改正によって、2007年4月1日からは「小売サービス」についての商標登録ができるようになりました。このような事情もあり、薬局やドラッグストアに関連する商標登録もさかんになっています。

そこで本ページでは、薬局やドラッグストアの商標登録における、登録対象や留意点などについて簡単にご説明いたします。

※注:商標登録における「小売サービス」について
商標登録の対象となる「小売サービス」とは、厳密には商品を販売するサービス自体のことではない点にご注意ください。ここでは、顧客に対する品揃え、陳列、接客、商品相談など、商品の販売に付随するサービスを意味します。ただ、商標登録をする際のイメージとしては、特段この点を意識する必要はないでしょう。


1.薬局・ドラッグストアの商標

医薬品のイラスト

まず、薬局やドラッグストアの商標にはどのようなものがあるか見てみましょう。


(1)薬局・ドラッグストアの名称

薬局・ドラッグストアの名称は、他人の商品・サービスとの識別標識になります。
よって、「商標」になり得るものですから、商標登録の対象となります。

ただし、「田中薬局」や「佐藤薬店」といったような、ありふれた名称については、そもそも商標としての機能を果たし得ない(=識別力が認められない)という理由で、原則として登録は認められないと考えられます。

このような名称であれば、商標登録をしなくても、自由に使うことができます。
その一方で、他人が使っていてもクレームを付けることはできません。

ドラッグストアの名称は、造語性が高いものが採用される傾向があるようですので、識別力がないという理由で登録が認められないケースは、薬局の名称に比べて少ないように思います。

ちなみに、2018年3月30日現在、特許庁のデータベース上では、「○○○薬局」という商標登録が約230件以上存在していることが確認できました。


(2)ロゴマーク

薬局・ドラッグストアのロゴマーク(シンボルマーク)を採用している場合は、これらも「商標」となり得ますから、商標登録の対象となります。

特にシンボルマークは、よほどシンプルな図形でない限り、審査で識別力が否定されることはなく、商標登録できる可能性は一般的に高いと言えます。


(3)その他

その他、オリジナルのサービス名インターネット上のサイト名マスコットキャラクターのイラストなども商標になり得ると考えられます。

これらについても、必要に応じて商標登録をご検討されるとよろしいでしょう。


2.商標登録のメリット

商標は、特許庁に申請をして所定の審査をパスすることで、「商標登録」を受けることができます。

そして、商標登録によって、「商標権」という強力な権利が生じます。

商標権があれば、権利の範囲内で、その商標の使用を独占することができます。
また、他人が無断で使っている場合には、差止めや損害賠償を求めることも可能です。

さらに、商標登録をすることで、その商標に「®」を付けることができます。
®は法律に定められたものではありませんが、この表示があることで、取引者や需要者の社会的信用をアップすることが期待できるでしょう。

その他にも、商標権を財産権の一つとして、利用・活用することも可能です。

このように、商標登録にはさまざまなメリットがあります。
ご参考:「商標登録をしないとどうなるのか


3.商標登録のやりかた

商標登録の申請をするためには、申請書となる「願書」を特許庁に提出します。

願書には、登録を受けたい商標と、商標を使用する商品やサービス等を記載します。
ここで記載したものが、商標権の権利範囲となりますので、慎重な検討が必要です。
なお、これらの商品やサービスは、種類や用途等から45のグループ(区分)に分類されています。たとえば、化学品は第1類、化粧品は第3類、薬剤は第5類、といった具合です。願書には、この区分とそこに分類される具体的な商品・サービスを併せて記載することが必要となります

なお、商標登録は「早い者勝ち」の制度であることに注意してください。
登録は、商標を使い始めた順ではなく、特許庁に申請した順に認められるルールです。
よって、他人が先にあなたと同じ商標や似ている商標を商標登録してしまうと、あなたは登録を受けることができなくなってしまいます。
それどころか、それ以降に商標を使い続ければ、商標権の侵害となってしまいます。

ですから、商標登録は、1日でも早く申請を完了することが大切です。

ちなみに、特許庁の審査が完了するまでには、約9ヶ月~1年がかかっています。
意外と時間がかかりますので、この点からも「1日でも早い」申請が大切と言えます。


4.商標登録の料金

商標登録には、費用がかかります。
審査で引っかからずにスムーズに登録が認められた場合、(1)申請時(2)登録時の2回のタイミングで支払いが発生します。

手数料額は、上述の区分の数によって変動します。
すなわち、区分の数が増えれば増えるほど、手数料が加算される仕組みです。

薬局やドラッグストアの商標登録では、区分数は1~2になることが多いでしょう。

具体的な料金は、以下のようになります。

(1)申請時:  3,400円+(区分数×8,600円)
(2)登録時:  区分数×28,200円  ※10年分の登録料です。

たとえば、1区分の場合は、(1)申請時に12,000円、(2)登録時に28,200円が必要です。よって、商標登録には最低でも40,200円が必要ということになります。

なお、特許事務所に依頼する場合には、これにサービス料金が加わります。
料金は特許事務所によって異なりますが、一般的には、最低でも7万~10万円程度が上記金額にプラスされることが多いと思われます。

また、審査で引っかかった場合等には、対応するにあたって、手続に応じた諸費用が発生する場合がありますので、ご留意ください。


5.願書に記載する商品・サービスの例

(1)薬局に関する商標登録の場合

商標登録を申請するサービスは、医薬品の小売サービスがメインとなるでしょう。

願書に記載する眼目のサービスとしては、「第35類」の「薬剤及び医療補助品の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供」となります。

その他、店舗で取り扱っている商品の小売サービスも追加すると良いでしょう。

サービスとして調剤も行なっている場合は、願書に併せて記載することができます。
具体的には、「第44類」の「調剤」、「調剤に関する指導・助言」、「調剤情報の提供」等を記載すると良いでしょう。

なお、願書に「調剤」を記載した場合には、申請人が「薬剤師、医師、歯科医師又は薬局の開設の許可を受けた法人」であることを、特許庁でチェックされます。
これが確認できないと審査をパスできないとされていますので、注意が必要です。

また、あまりないかもしれませんが、独自に名称を付けた漢方薬などを販売しているような場合は、「第5類」の「漢方薬」などを記載しても良いでしょう。

その他、必要に応じて取り扱う商品・サービスを漏れなく記載してください。


(2)ドラッグストアに関する商標登録の場合

一般的にドラッグストアでは、医薬品に加え、健康・美容に関する商品や、日用品、食品なども取り扱っていることが多いでしょう。

ですので、願書には「第35類」の「薬剤及び医療補助品の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供」のほかにも、「化粧品・歯磨き及びせっけん類の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供」や、「飲食料品の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供」などを加えて記載することで、権利の範囲を広くすることができます。

もちろん、他にも取扱商品があれば、それらの小売サービスも追加してください。

なお、大規模なドラッグストアになると、総合スーパー並みの品揃えとなることがあります。このような場合、所定の条件を満たすことで、願書に「総合小売サービス」を記載することもできます。具体的には、「第35類」に「衣料品・飲食料品及び生活用品に係る各種商品を一括して取り扱う小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供」といった表記で記載します。

サービスとして調剤も行なっている場合は、上述のように、願書に「第44類」の「調剤」等を含ませると良いでしょう。なお、同じ区分内のサービスである「医業」を加えるケースをしばしば目にしますが、この場合、特許庁の審査において申請人が医師または医療法人であることがチェックされます。医師または医療法人が申請人でなければ登録を受けることは難しいと考えられますので、本当に業務を行なっていないのであれば、当初より記載しないことをお勧めします。

独自ブランド(いわゆるプライベートブランド)として、商品に自社の商標を使っているような場合は、それらの商品についても商標登録の対象とすると良いでしょう。

その他、必要に応じて取り扱う商品・サービスを漏れなく記載してください。


(3)第35類のサービス記載は要注意!

願書への「第35類」のサービス記載には、注意が必要です。
第35類の記載については、特許庁の審査で特殊な取り扱いがされているためです。

たとえば、上述のように小売サービスを複数記載した場合や、総合小売サービスを記載した場合には、それぞれ特許庁における審査運用上の特別なルールがあることが挙げられます。かなり複雑なルールで、業務証明を行なう必要がある場合もあり、一般の方には対応が難しいことも少なくありません。

したがいまして、薬局やドラッグストアに関する商標登録をする場合は、ご自身では申請をされずに、専門家である弁理士にご依頼されることを強くおすすめいたします。


6.おわりに

薬局は、地域密着の店舗がほとんどと言えることから、商標登録の必要性をあまり感じられないかもしれません。

ですが、商標権の怖いところは、権利効力が日本全国に及ぶという点です。
たとえ、小さな町でひっそりと経営していたとしても、使用する商標が他人の商標権の範囲内のものであれば、権利侵害のクレームを受ける可能性があります。

特に、インターネットが普及した現在においては、どんなに小規模に事業を行なっていたとしても、簡単にホームページ等から情報や所在が入手・確認できるため、誰もが商標権侵害のクレームを突き付けられるリスクがあると言えます。

この点、商標登録を受けていれば、その商標自体を使用する限りにおいては、原則として、他人の商標権を侵害することはありません。
安全に商標を使うことができ、安心して事業に専念できるメリットがあるのです。

比較的広い地域で展開されるドラッグストアについては、より重要性が高くなるのは言うまでもないでしょう。

この機会に、ぜひ一度、商標登録をご検討されてはいかがでしょうか。


当事務所がお手伝いできること

当事務所では、商標登録の申請代行を承っております。

当事務所は、商標専門の特許事務所です。
代表弁理士が、皆様のご依頼を丁寧に担当させていただきます。
Eメールがご利用できる環境があれば、全国対応が可能です。

当事務所の特徴
  当事務所の特徴の詳細はこちら
  当事務所のサービスにおける考え方

商標登録のご相談、ご依頼方法の確認などは、「かんたん問い合わせ」フォームよりご連絡ください。また、費用のお見積りをご希望の場合は、「お見積り依頼」フォームよりお問い合わせ願います。いずれも、初回の回答は無料です。
ご相談後に、しつこい営業電話などはいたしません。ご安心ください。
※当事務所へのご依頼は、Eメールがご利用できることが必須となります。
  サービスご提供までの流れ
  商標登録についてのよくあるQ&A
  商標登録サービスについてのQ&A

当事務所は、薬局・ドラッグストアの商標登録を応援しています。
遠慮なく、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

かんたんお問い合わせ

お見積もり依頼

<初回無料相談について>
※ご回答に有料サービスが必要となる案件は除きます。
 なお、事前のご了承なく有料サービスに着手することはありませんので、ご安心ください。
※弁理士には法律により厳しい守秘義務があります。
 内容が第三者に開示されることはありませんので、ご安心ください。