| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

商標登録を迷っている方へ

商標登録を迷っている人

商標登録の大切さはわかっている。
 商標登録をしたいとも思っている。

でも、決心がつかない・・・。
 なかなか進められない・・・。

本ページをご覧の皆様はおそらく、このような状況ではないかと思います。
その理由には、さまざまな事情や背景があることでしょう。
しかし、おそらく、他人には相談しにくい(言いにくい)理由なのだと思います。

そこで、皆様が商標登録を迷っている理由として考えられる5つの事項について、商標専門家の視点よりコメントいたします。ご参考になれば幸いです。



1.お金がもったいないと感じている。

商標登録は、義務ではありません。
商標登録をするかしないかは、事業者の任意となります。
ただ、商標登録をするには、それなりのお金(費用)がかかります。
しかもそれは、決して安いものではありません。

商標登録は大切そうだけど、お金がもったいないのでは?」というお考えから、経営者の皆様が商標登録を迷われるのは、至極当然のことだと思います。

ただ、費用については、長い目で見ていただきたいと思います。
商標登録の費用は、「10年分」です。
いわば、10年分の安心料・保険料とも言えるものなのです。

これを1か月分にすれば、特許事務所に依頼した場合でも、商標登録1件につき1,000円~2,000円程度の出費にすぎません。1か月でこれくらいの経費を削ることは、どんな事業でも他で節約すれば決して難しくないはずです。

1か月数千円で、安心・安全に商標が使えるのは魅力的ではありませんか?
ぜひ、商標登録は「コスト」ではなく、「投資」であるとお考えください。


2.自分でもできるのではないかと感じている。

「商標登録は、そのうち自分でやろう」とお考えの方も少なくないと思います。
こちらも、お金がかかることが、その理由の一つだと考えられます。

たしかに、商標登録を自分で行なうことは可能です。
「商標登録は自分で簡単にできる」と謳った書籍やネット記事も散見されます。
そのため、「専門家にお金をかけてまで依頼する必要はないのでは?」と、経営者の方が迷われるのにも納得がいくことです。

しかし、商標登録は、そんなに簡単な話ではありません。
ただ単に、商標登録すれば良いというものではないのです。

商標登録をすることによって、皆様の事業にメリットがあるような、適切・適確な商標権を取得できなければ、何の意味もないのです。そのためには、皆様のニーズを汲んだうえで、適切な願書の作成や手続が必要となります。
商標専門家である弁理士は、そのサポートのために存在します

たとえば、ドラム(打楽器)の音をただ出すだけなら、誰にでもできます。
しかし、きちんと音楽に合わせて、正確にドラムを叩くのは簡単ではありません。
商標登録も、ある意味でこれと同じなのです。


3.今のタイミングで本当に必要か疑問がある。

「今はそれほど使っていない」「今はそれほど知られていない」という理由で、事業がもう少し軌道に乗ってから商標登録を検討しようと考える経営者の方も少なくないようです。

しかし、ご存じの通り、商標登録は「早い者勝ち」です。
いつ他人が先に、同じような商標を商標登録してもおかしくありません。
そうなれば、あなたがその商標を使うことができなくなる可能性もあります。

特許庁には、1日に約300~400件の商標登録出願がされています。
1か月遅れれば、約1万件のライバル出願があることになります。
この中に、あなたの商標と同じ商標がある確率も、決してゼロではないはずです。

思い立ったが吉日。
商標登録は、1日も早く出願することが大切です。
ご参考:「商標登録をしないとどうなるのか


4.他人や世間の目が気になる。

真面目で優しい経営者の方の中には、「商標登録なんてしたら、がめつい会社だと思われるのではないか?」と考える方もいるようです。

このような理由で商標登録を迷っているのであれば、それは完全な誤解です。

むしろ、商標登録をしていないと、あなたの会社の評価が下がるだけです。
きちんとした会社、売れている会社は、必ず商標登録をしているものです。

もし、商標登録をせずに商標権を保有していなければ、ニセ商品やニセサービスが出回っても直ちにやめさせることができません。その間にも、あなたの商品やサービスのお客様は、まがいものを購入させられるかもしれないのです。

お客様を守るという意味でも、商標登録を行なうことは理想なのです。
ご参考:「商標登録をしないとどうなるのか


5.効果(メリット)が本当にあるのか疑問がある。

「お金をかけた分だけの見返りが本当にあるのだろうか?」

このような疑問から、商標登録を迷っている経営者の方もいるでしょう。
たしかに、商標権という権利には形がありませんので、商標登録後に何かのメリットを得ていることを実感できないのも事実です。

「商標登録しても、特に何もないじゃないか!」

もしかすると、商標登録をして数年後に、そう感じられるかもしれません。

しかし、むしろ何もないことこそ、ある意味理想なのです。
なぜなら、「何もない」というのは、他社からのクレームもなく、他人に勝手にマネされることもなく、何ら商標トラブルが起こっていないことを意味するのですから。

そして、それらは「商標登録をしているから」こそ、起こらないのです
その意味では、十分に効果(メリット)があると言えるのではないでしょうか。


まとめ

以上が、商標登録を迷っている理由として考えられる典型例です。
あなたが迷っている理由がズバリであったなら、失礼ながら、商標の重要性に関する認識が不足していると言わざるを得ません。

このような理由で迷っているなら、1日も早く出願準備を進めるべきです。
ぜひ、思い切って決断をされることをオススメいたします。

なお、商標登録については、ぜひ以下もご参照ください。
商標登録とは?
商標登録についてのよくあるQ&A


当事務所がお手伝いできること

商標登録は、当事務所にもご依頼いただくことができます。
当事務所は、商標専門の特許事務所です。
商標登録サービス

当事務所の特徴
  当事務所の特徴の詳細
  当事務所のサービスにおける考え方

ご相談・お問い合わせ等は、まずは以下のフォームよりお願いいたします。
追ってEメールにて、コメント、サービスのご案内、お見積り等を差し上げます。
ご相談の後に、しつこい営業電話などはいたしませんので、どうぞご安心ください。
※当事務所へのご依頼は、Eメールがご利用できることが必須となります。
サービスご提供までの流れ
商標登録サービスについてのQ&A

近隣地域(横浜市青葉区・緑区・都筑区・港北区、東京都町田市、神奈川県大和市、川崎市高津区・宮前区)の事業者様からのご相談の場合、折り返し面談のお伺い連絡を差し上げる場合がございますので、ご了承ください。
※当事務所の面談(出張面談)につきましては、近隣地域のみの対応となります。

お問い合わせフォームへ

初回のご回答は無料ですので、どうぞお気軽にご連絡ください。

ご回答に有料サービスが必要となる案件は除きます。
 なお、事前のご了承なく有料サービスに着手することはありませんので、ご安心ください。
※弁理士には法律により厳しい守秘義務があります。
 内容が第三者に開示されることはありませんので、ご安心ください。